【図解でざっと説明】子テーマの作り方

a-01

WordPressのテーマを直接カスタマイズすると、テーマのアップデートが行われるとせっかくのカスタマイズした内容が消えてしまうので、テーマ自体をカスタマイズしないで、ダミーを作り、カスタマイズをした点だけを先に読み込ませる事で、テーマのアップデートが行われても、カスタマイズした内容は残り、再度カスタマイズしなくてよくなるので、作っておきましょう。

まずはレンタルサーバのFTPソフトを使わない方法から説明。

サーバにFTPソフトがあるけど、使い方がいまいち分からない人でも大丈夫!

フリーソフトを使って作る方法です。(どの道FTPソフトが要るんですけどね)

用意するもの

  • 無料FTPソフト
  • 無料HTMLエディタ(.css .phpファイルを扱えるもの)

どちらも検索をかければ沢山出てきますが、今回はこちらのソフトを使って説明していきます。

  • FTP ソフト 名前【ffftp】
  • HTMLエディタ 名前【Crescent Eve】

どちらも、ベクターなどにあるので、検索して任意にダウンロードしてください。使えない環境だと困るので、別に他のソフトでもいいです。やり方はほとんど一緒ですが、私が書いたソフトはもちろんソフトの使用は自己責任でお願いしますね。責任は負いかねますのでご注意を。

スポンサーリンク

手順

エディタでstyle.cssファイルを作る。

これはシンプルなソフトなので大した考えることなく作成できます。

45

使い方は、普通のテキストファイルとさして変わりません。これで、下記のコードを打ち込み、【.css】で保存。

46

  • Theme Name: 任意の名前で作ります。
  • template: 使っているテーマの名前。

style.ccsがこれで完成しました。

次に任意で付けたものと同じ名前でフォルダを作成しそこに入れる。これで後は、サーバーにアップするだけ。

FTPソフト

SnapCrab_NoName_2015-10-10_22-29-43_No-00

接続→新規ホストで、ホストの設定をします。これは、使用しているサーバに記載されているものを記入にます。

・・・難しくはないですよ。WordPressを使っていると、必要ありませんが、通常サイトをアップする時は、使うので時間がかかっても覚えておきましょう。

このソフトを使う場合、マルウェア対策をしてください。設定画面でパスワードを設定できます。もしこのFTPソフトが嫌なら他のを探してください。・・・私みたいに(有料ですが)。

人それぞれ環境が違うのですが、やることは一緒です。サーバーに接続し、ファイルをwp-content→themes

SnapCrab_NoName_2015-10-10_22-54-55_No-00

こんな感じで、アップ完了。これで基礎は終わり。

一旦WordPressに戻りテーマを見てみます。

SnapCrab_NoName_2015-10-10_22-58-49_No-00

この様に反映されていれば成功ですので有効化しましょう。

カスタマイズ方法

外観→テーマの編集で出来ているスタイルシートに、この様な感じで必要に応じて記入していきます。

SnapCrab_NoName_2015-10-10_23-4-22_No-00

これだけでは、プラグインのカスタムCSSと変わりませんよね?

phpファイルも持ってきましょう。

phpファイルはメインのテーマにある(wp-content→themes→使用中のテーマファイル)phpファイルを内容を変更せずに、全ての記述をコピペをします。と言いますか、ファイルごとコピーをしてFTPソフトで子テーマに移せるのなら移し、出来ないのであれば、自分のPCにダウンロードをしてから再アップしてください。

WordPressで編集できますが、エディタでカスタマイズしてサーバにアップをしてもいいです。WordPressで編集するとは思いますが・・・

注意点

phpファイルは全ての記述をコピーしますが、functions.phpだけは別です。空のファイルを作り子テーマファイルに入れてください。この記述を間違えると、画面が真っ白になったり、最悪管理画面にすら入れなくなってしまいます。このファイルをカスタマイズする場合だけではなく、すべてのファイルを何かしら変更する場合は、必ずバックアップを取っておいてください。

phpファイルは、必要に応じて追加していって下さい。全てのファイルをコピーする必要はありません。

まとめ

サーバのFTPソフトを使えば手っ取り早く行くのですが、分からない人の為に一応ざっとではありますが、書かせて頂きました。

私は、両方併用して使っています。わざわざコピーして、ファイル作ってペーストするよりも、必要ファイルをまとめてダウンロードしてそのまま子テーマに入れています。バックアップもありますしね。

とにかく自分の環境に合わせて使い分けてくださいな。そして、自信がなかったらfunctions.phpには触れないほうがいいかもしれません。全ては自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク