Google XML Sitemaps説明

SnapCrab_NoName_2015-6-26_22-21-50_No-00

まず、Google SearchConsoleにサイトの登録を済ませておいてください。

自動で、サイトマップをGoogle先生に送信してくれる便利なプラグインですので、導入してソンはないかと思いますが、他のプラグインでサイトマップの送信を設定しているのであれば、重複するので必要はありません。

すごく簡単に説明して行きますね。まず【設定】で XML- Sitemapsをクリックするとこのような画面が出ますので、赤色でアンダーラインを引いた所をクリックしてください。

SnapCrab_NoName_2015-6-26_22-55-54_No-00

これだけで、こちら側のサイトマップの設定は終わりです。

SnapCrab_NoName_2015-6-26_23-8-0_No-00

細かい設定はありますが、特には必要はないかと思います。必要があるとすれば、サイトマップを送信する期間で記事投稿が1か月になっているので、頻繁に更新する人は、毎日に変えておくといいでしょう。

後は、SearchConsole側でサイトマップの追加テストを行い、追加をして完了です。

SnapCrab_NoName_2015-10-28_6-50-13_No-00

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”3.png” name=”KEN”]テスト結果は直ぐに分かりますが、データが反映したかはリアルタイムで表示はされません。実際は登録されているが、反映されるまでは数日要する事もザラなので、SearchConsoleは待つことも大事です。 [/speech_bubble]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク