タイトルの重要性をモンハンで考える

a-01

ここ数ヶ月、モンスターハンタークロスの記事ばかりなダメダメな私ですが、たまにはアフィリエイトと言いますか、ブログのタイトルの重要性をモンスターハンターのオンライン集会所名(結局モンハン)を絡めながら、考えて行きましょう。

タイトル名は記事の顔です。

あまり良い例ではありませんが、この記事のタイトルは【タイトル重要性モンハンで考える】ですね。

検索エンジン側は、タイトルの先頭部分の【キーワードとなる言葉】で判断していきます。

なので、この記事は、【タイトル】が一番の重量キーワードとなってしまいます。また、<h2>タグにも【タイトル名】と入っていますし、ここまでの文章中にも多く使われています。

文章中に入れるのは、ほどほどにしておかないと、ダメであったはずです。タイトルは、キーワードとなりえる文字を多く詰め込んではいけません。せいぜい3つくらいに留めておいた方が私はいいかと思います。

「SEOを気にしても結局見るのは人間じゃないか!」

ごもっともでありますが、検索エンジンに表示されなければ、読まれる機会は極端に下がります。SNSで拡散と言う手などもありますが、やはり出来る事なら検索エンジンに上位表示させたい。

しかしこの様な、凡庸なタイトルでは中々難しいし、たとえ読まれても、私のブログ記事も一貫性が無いので読み手側は何のブログか混乱してしまいますね。

このブログは、適当にグダグダと思うがまま書くブログです。( `ー´)ノ

スポンサーリンク

読むのは人間

話を戻しますが、やっぱり結局のところ読むのは人間!興味をそそる様なタイトルが一番!

で、なんで【モンハン 集会所】かと言う話になります。

モンスターハンタークロス通称(モンハンX)ですが、集会所で人を集めて狩に出かけるのですけど、今作からは集会所に名前を付けれるようになったため、「お前、本当に人を集める気有るの?それともわざとなの?」という集会所名が多々見受けられるのであります。

私は、集会所名をしばらく眺めるという奇特な事を決行してる。

そう!「そんな名前じゃ人が来ねーよ」という集会所をちょくちょく見て楽しむ悲しき男なのであります。

やはり、「変な集会所名には人は集まらんね」今回はどの様な人が集会所に入ったかを見られるので、観察しますと、同種と思われる人間か、冷やかしで直ぐに退出する人が多いですね。なんで、普通に例えば【○○のモンスター素材を集めています】とか【金冠部屋】【ガンナー限定で狩猟】など目的だけを書いたり、デフォルトのままにしておかないのかな~と思う訳ですよ。

【雑魚は来るな!】【やられない奴】【自信のある人】【上手い人】【スキルを理解してる人】など入室を躊躇するような名前にするのか…..

まあ、小中学生か、ただのアホの子だとは思いますが、それでは、人は集まりにくい。

【雑魚は来るな!】や【やられない奴】は冷やかしに集まりそうですがw

ブラック企業の求人広告でも【明るく楽しい職場です】みたいな事を書くのにね。

私が上記になかで嫌いなのは【やられない奴】です。

そんな奴いない!絶対はない! 上手くてもやられます。特にオンラインはね。

味方の考えなしの攻撃で、回避途中にフレンドリーファイアを喰らったりあるでしょうが!….と愚痴ってみました。

結局

何の話を書いているのか分からなくなってしまいましたが結局のところ、タイトルは、文章を書くのと同等くらいにちゃんと時間をかけて考えた方がいい。

これによって、集客数がかなり変わりますので、私みたいに適当にタイトルを付けない方がいいという話であります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク