傷病手当に思う

a-01

何時病気や怪我をするか分からないので、覚えておいた方が得だぞ!自分で調べなければ、存在すら知らず、給付金を受けられずに、生活をしなければならない。

傷病手当とはなにか?

簡単に書くと、怪我や病気で、仕事を休み、事業主から十分な報酬が得られない時に給付される制度の事。

支給条件ももちろんある。【すべての条件を満たしている事】

  • 業務外での怪我病気のための休業であること
  • 怪我、病気で仕事に就くことができない
  • 待機3日間を含み4日以上仕事が出来なかった場合
  • 休業中、給与の支払いが無い

ざっとこんなところだが、詳しくは全国健康保険協会のサイトで調べてくれ。

支給される金額は、1日の報酬の2/3の金額で最長1年6か月。

必要書類は、会社側の書類と医師の書類が必要。

会社側が「お前なんか要らん!クビじゃクビ!!」となると少々面倒なことになりますが、条件を満たしていれば、給付は受けられます。

引用

(資格喪失後の継続給付)

  • 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに継続して1年以上の被保険者期間 (健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。
  • 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。
    (なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。)

引用元:全国健康保険協会

う~ん、これは辛い。会社内である程度のポジションで、必要とされていなければポイ捨てされてしまう。

スポンサーリンク

ここからが、私が経験した話

私は、会社の方は、結構小さな会社で、自慢でも何でもないが、私が実質会社を回していた感じだったので、社長とは非常に仲が悪かったのですが、社長も首を切るに切れない状態だったので、書類は簡単に入手出来ました。

問題は、医師の書類です。これが中々書いてはくれない。まあ、病気の内容にも関係する事ですが、医師のプライドかなにかは分かりませんが、書いてはくれません。

挙句の果てには、「別の病院へ行って!」と診察もせずに追い払われる始末。

「ああ!!もう!この医師に今すぐ私の病気を移せるものなら移してやりたい」そう思いながらも次の病院でも断られ、3件目にしてようやくあっさりと書いてくれる医師に出会う。

病名は伏せてるが、母親の知り合いも同じ病気で、医師に「それくらい仕事出来るでしょ」と言われ書いてくれなかったらしい。

本当にね、味合わせてやりたい辛さなのだ。

今はこうしてPCの前で文章は書けているが、当時は辛すぎて何もできない状態が2年近く続きました。

なかなか人に理解されない様な病気は、病院のはしごをする羽目になるかも知れないのでご注意を。

まとめ

鬱病などでも手当は受けられるはずです。私の場合は、自律神経の方もおかしくなっていたので、心療内科で書いてもらいました。

病気の前兆で自律神経がおかしくなってくるんです。そこから、結構辛い症状が続くんですけどね。病名は神経症と変えられて書かれてました。

もうとっくに給付は終わってるんですけどね。いつ治ることやら・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク