【モンハンX】ハプルボッカ最小金冠判別

crown_notes_b

猛ハプル銃縋を作ってしまえば、たいして用のないこのハプルさんでありますが、まあ~出ないことでないことw

私がファーストキャラで苦労したモンスの1つがハプルボッカであります。私と同じくハプルボッカで苦労しているみなさんに、最小金冠判別の役に立つかもしれないものを紹介します。

※必ずしも正確な情報とは限りませんので予めご了承くださいね。

最大金冠もまとめたものを新たに書きました。効率などはこの記事、最大金冠が知りたいとお思いならこちらに書いてあります。(ある程度の判断ですが)

ハプルボッカって砂の大きさで大体のサイズが分かってしまいます。 貴方はソロで狩りますか? それともオンライン? ソロハントで...
スポンサーリンク

ソロで狩猟する場合

リタイアマラソン、タル置きで判別します。

用意するもの

  • 大樽G
  • 煙り玉(任意)

【集★5 砂上のテーブルマナー】

秘境飯(任意)を食べ秘境からダッシュでハプルボッカのいるエリア7へ向かう。ハプルボッカに見つからない様に砂山に近づいて、大樽Gを中心部付近に置く。この時に、樽より砂が低くなっていると、最小金冠濃厚です。

03/24訂正※大樽Gより低くても、少し大きめの個体を確認しました。なので、どのくらい砂より上に飛び出しているかはちょっと不明瞭です。モンスター出現後、目視で小さいかを確認する必要が出てきました。足の太さでもある程度分かります。

03/24追記

  • エリア内のどの砂でも大きさは同じですが、ハプルボッカのいる場所に後ろから近づき、気づかれますし、真ん中に置けませんがそちらに大樽Gを置いた方が、飛び出した時に大樽Gを食べてくれるので先制攻撃で、時間短縮につながります。
  • キャラでエリア内の砂と丈比べも有効かもしれません。

写真があればいいのですが、あまり使うのは如何なものかと思うので、へたくそな図で説明しますねw

hapuru

超ザックリへたくそな図ですが、この様な感じで大樽Gの方が高ければ最小金冠濃厚です。更に樽を上から見て砂が完全に見えなくなっていると期待度UPです。

オンラインで行う場合は目視かな?

みんなでワイワイ?高速周回したい場合はこちら

別に【幻のハップル?】をする必要はありません(HR上げ、素材、アイテム目的も兼ねてなら別ですが)。

【集★5 砂上のテーブルマナー】で行うのが一般的でしょう。

使用武器の多くは、ガンナー特にヘヴィになるかと思います。ガンナーをした事が無くても、ハプルボッカでいい練習になるかな~。

私の場合

  • 武器:あらしきの山砲の御車(所謂、ミツネ砲)
  • 頭:ラギアRキャップ
  • 胴:ラギアSレジスト
  • 腕:アカムトRノキリぺ
  • 腰:クロムメタルコート
  • 足:アカムトRチキル
  • 護石:水属性攻撃+12
  • 装飾品:変則珠×3 属攻珠×1 流水珠【2】×1

発動スキル

  • 水属性攻撃強化+2
  • 属性攻撃強化
  • 貫通弾・貫通弓UP
  • 特定射撃強化

あくまで私の場合ですよ💦ここまでしなくても大してタイム的には変わらないかと思います。この武器でこのスキルにしたのは、内蔵弾だけで終わらせる為です。無駄玉は買いたくないのであります。

で、こんな事はどうでもいいですね。これで大樽Gを置いても良いですが、おそらくはクリアマラソンになるかと思います。

目視だけですと、これがまた分かりにくいったらありゃしない! ファーストキャラで出した時は、「さっきの方が小さかったよね」と皆で驚きましたが、私は見ました!

ただでさえ短足なのにさらに短足になってました!

だからどうしたって?….それだけだが?

ハプルボッカが裏返った時に「なんか足が変だな?」 捕獲時にも足がなんか変と思った訳ですが、大きさ的にやはり私も「大きいかな?」と思いボタン連打!「ジャジャーン!!」エッ?!と言う具合。

効率良く狩るには

  1. 秘境飯で同時スタート(クーラードリンクは任意)
  2. 出現エリアに着いたら、痺れ罠を逃げる箇所にあらかじめ設置、もしくは一人、【捕獲の見極め】を付けて捕獲準備。
  3. ただひたすら打ちまくる
  4. 捕獲

後は、ただひたすら繰り返す。これしかない!はず… 打ち合わせしてね。私はこの方法ってだけだからね。

どっちがいいかって?

それはその人による。HR上げながらしたいならオンライン

リタマラでさっさと出したいのであればソロが圧倒的に楽ちんです。

一番いいのは、オンラインで楽しくやっている最中に出る事なんですよね~

とにかく、苦行にはしたくないですね。

自己金冠出現報告一覧 ザックリ判別法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク