プラグインで表示高速化

a-01

自称プラグインマイスターと言う不名誉?な称号を勝手につけている私 ( ̄д ̄)

ハッキリ言ってプラグインまみれです。幾つかブログを運営しておりますが、そりゃもう見るに堪えない状態です。

私は最初にプラグインをてんこ盛りにしてから、徐々に減らしていく様にしていますが、そこで一言

「面倒でやってらんね~!」

※現在、17/10/20【simplicity】というテーマを使用しています。【simplicity】はキャッシュ系との相性が悪いので【WP Fastest Cache】は使用していません。
【simplicity】のサイトにキャッシュ系プラグインを使わないで結構高速化させる方法があったのでそれを利用しています。速度的には遅くなりましたが、キャッシュ系プラグインって、アクセスが物凄くあるサイトでサーバーが悲鳴を上げる位からの使用で十分かと思います。サーバーが悲鳴を上げたら上位プランか引っ越しですけれどね。
スポンサーリンク

表示高速化

手付かづじまいで、放置しておりますが、このブログ位なんとかしようかと思いますが、ちょっと失敗した事があります。

高速化!レンタルサーバ問題

そうレンタルサーバです。コレの良しあしで、表示速度が全然違います。まあ、今のレンタルサーバなら異常に遅くなることは無いかと思いますが、レンタルサーバの性能差が一番大きな要因となるのも事実。まだこのブログはアクセスがあまりないので、関係ないですが、アクセスが多くなるにつれサーバに負担を書けてしまう、または共用サーバなので、他所のサイトが過度なアクセスがあると、とばっちりを喰らってしまう。

ちなみに私が使っているサーバは2つ、ロリポップ! とエックスサーバー です。

それで、このブログは、ロリポップ!で作りました。当ブログだとロリポップ!で十分なのですが、Google殿のツールPageSpeed Insightsでサーバーの応答時間が長いと怒られてしまう。まあ、プラグインてんこ盛りなのも原因ではあるが、時間帯によっては指摘を受けてしまう。

ぶっちゃけ、来訪者が苦痛に感じない表示スピードなら問題ないんだけどね。

SnapCrab_NoName_2015-10-3_18-6-26_No-00

おいおいおい、殆ど始めたばかりでこの数値、PCは78。数値が60を切る様になったら不味いので、ここで取れる方法は3つ

  1. 自力でソースコードを書き換える。
  2. レンタルサーバを変える。
  3. またプラグインに頼る。

1.これは、気合を注入する必要があるので、今回はパス。

2.サーバをエックスサーバー に変えると高速化は出来るが、引っ越しに金が掛かるのでパス。

3.そして結局プラグインで遅くなっているのにプラグインで相殺、更にはスピードアップを試みる事にした

キャッシュ系で高速化

【WP Fastest Cache】を私は導入しました、【WP Super Cache】の方が高速化出来るかも知れないが、こいつは取り扱い注意品なので、辞めました。

【WP Fastest Cache】の設定

SnapCrab_NoName_2015-10-3_21-39-5_No-00

私は、こんな感じで設定をし、更に【Head Cleaner】プラグインを追加してJavascript/cssを如何にかする事にした。

【Head Cleaner】

説明は今回は面倒なので、私の設定画面を付けて置く

SnapCrab_NoName_2015-10-3_21-45-47_No-00

そんなこんなで、設定後に測ってみると

SnapCrab_NoName_2015-10-3_21-49-18_No-00

え~ たった3ポイント上昇?でも、サーバの応答時間の関係かな?パソコンを見ると

SnapCrab_NoName_2015-10-3_21-49-47_No-00

うむっ!良い数値だ!

後の細かい修正はポイントが落ちてきたら、その都度修正して行く事にしよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク