レンタルサーバー選びのポイント

WordPressでブログを行う上で、必要なレンタルサーバーですが、何処のレンタルサーバーを借りればいいのか、レンタルサーバーを借りた事が無い人には、判断するのは難しい事でしょう。

現在のレンタルサーバーは、格安の所でもそこそこのスッペクがあり、滅多に外れを引く事は無いかとは思いますが、中には初心者に不親切なサーバーなんかが存在します。(そういう所が意外と料金が高かったりするんですよね)例えば、以前記事で書いた様に「WHOIS代理情報公開」自体していなかったりとか、設定が分かりにくかったりとかあります。

私は、幾つかのサーバーと契約をしたりしてました、殆どのサーバーは基本的に問題ないかと思いますが、中には「なんでこんな高い料金支払って、契約しなければならないのだ!!」という所も僅かながらあります。ですので、もしレンタルサーバーを借りてWordPressを始めたいのであれば、幾つかの事を注意して下さい。

サーバーを借りる上での注意点

  1. WordPressを使えるサーバーもしくは、プラン化を確認する。
  2. スペックと料金のバランス
  3. サーバーの種類
  4. 独自ドメイン

WordPressの動作環境

これは、各レンタルサーバーで使用条件が書かれていると思いますが、一応説明します。

WordPressを使用するには、「MySQL」と呼ばれるデータベースとPHPファイルを作動させる事の出来るサーバーが必要です。

2015-11-21現在

  • MySQL version 4.1.2 以上
  • PHP version 4.3 以上
  • .htaccessタグが利用可能

いずれもレンタルサーバーのプランで確認できるので、大して気にしなくてもよいのです。大体「version 5」以上あります。

「.htaccess」タグについてもWordPressをインストール可能であれば、利用可能なので、慣れていない人は、気にしないでも大丈夫です。

ここで問題となるのは、「MySQL」に幾つのブログを入れる事が出来るのか?と言う事です。

基本的には、「MySQL」1つにつき1ブログなのですが、WordPressを複数インストール出来る所もあります。例えば、ロリポップ!がそうです。

趣味の範囲で行うのか、複数のブログ・サイトを運営をし、アフィリエイト始めたいのかでも、レンタルサーバー選びは異なります。しかしながら、「MySQL」1つに複数のWordPressを入れるのは、あまりお勧めしません。

アクセス数がそれほどなければ、あまり問題はないですが、アクセス数が増えると高負荷になり繋がりにくくなったり、表示が遅くなったりしますし、大抵共用サーバーを使う事になると思うので、サーバーの方から「他の人に迷惑だから上位のプランに移行するか、さもなくば止めちゃうぞ~」とご達しが来るかもしれませんし、なによりアフィリエイトをするのであれば、表示速度は大事なので、複数のインストールは控えた方が良いでしょう。

スペックと料金のバランス

ただ単に個人のブログを制限なく自由に使いたいと言う人は、月額500円以下でWordPressを使えるレンタルサーバーはかなり存在します。

アフィリエイトなど複数のブログ運営を考えているので無ければ、後は管理画面の使いやすさやサポートなど自分の使いやすいレンタルサーバーを選べば問題ないです。

お試し期間を有効に使い、自分に合ったレンタルサーバーを探すのも一つの手です。



もし、アフィリエイトで副収入を考えてるのであれば、ある程度のスペックのサーバーを選んでおいた方が無難でしょう。

当ブログは、ロリポップ!のスタンダードプランで、ぶちゃけそんなにスペックがある訳ではありません。しかし、どうやらスタンダードプランから新しいサーバーになる様なので、少し期待しています。
私が現在契約しているサーバーで、エックスサーバーがあります。はっきり言って、ここ1つだけで十分過ぎるほどのスペックなのですが、IP分散目的などで「ロリポップ!」も使用しています。

では何故、「ロリポップ!」なのかと言うと、親切丁寧で色々使いやすいからです。

私見ですが、独自ドメインも「ムームードメイン」と簡単に連携が出来ますし、初心者にはお勧めできるレンタルサーバーだと思います。

まあ、こればかりは自分の好みによると思うので、先程も書いた様に、「お試し期間」を利用したりして調べてみて下さい。

ただ一つ言えるのは、アフィリエイトを行う場合は、レンタルサーバー代をケチらない、もしくは上位プランに変更する事態が起きた時の事も考えて選んでください。

例えば、他所のレンタルサーバの方が性能が良いのに、現在借りている所の上位プランの方が、料金が高いなどがあります。サーバーを引っ越せばいいのですけれども、別途料金がかかりますし、なにより引っ越すには、最低で数日かかります。そこまでブログが育っているのであれば、そこそこの痛手となる可能性が有りますのでそういったことも考えてください。


サーバーの種類

殆どの場合が「共用サーバ」になると思いますが、レンタルサーバーを扱った事のない人は、「VPSサーバ」は控えた方がいいかも知れません。昔ほどではないですが、「VPSサーバ」はある程度、データベースなどの知識が必要になりますので、初めて借りるのであれば、「共用サーバ」にしておくのが無難です。

また、WordPressに特化したサーバもありますが、ちょっと制限があるので、個人的なブログにしては値段が高いですし、アフィリエイトを行うにしても、基本1データベースに1個のみで、1つ増やす事に料金がかかるので、あまりアフィリエイトを行うには向きません。しかし、値段が高いと言っても500円程度からあるので、快適にブログ運営したい人には、お勧めです。



独自ドメイン

当ブログは「sokologde.net」で、要は「○○.com」など自分だけのURLの事です。

簡単に説明すると、アメブロだと「http://ameblo.jp/○○〇」こんな感じだと思います。

この場合の独自ドメインは「アメブロ」になります。マンションの1室を借りている様な物です。つまり独自ドメインとは、一戸建ての自分の住宅と言う事です。

独自ドメインは年契約です。

「.com」「.xyz」などドメインによって価格は変わりますが、「.jp」以外(.jpはちょっと高い)は大体年1500円前後です。まあ、月にしたら缶コーヒー1缶程度の値段です。

最初の1年は、結構セールを行っているので、比較的安く購入出来ます。(100円以内もあります)大抵セールを行っているので、上手く利用して入手しましょう。

私が使っている所は、ムームードメインここ1択です。他所の所は利用していません。理由は、ドメインのみを扱う企業なので、管理が楽なのと「ロリポップ!」との連携が簡単(勿論、他のサーバーでも使える)そして何より気に入っているのが、ドメイン取得までがスムーズな事!これすごく大事です。

変な罠、例えばWHOIS代理公開にチェックを入れないとしてくれないで、購入後に代理公開を依頼すると料金が掛かったりとかは無く、デフォルトで代理公開になっていますし、WHOISについての説明もボタンの横についている初心者にも優しい作りです。本当に他所のドメイン企業も見習って欲しいものです。

代理公開にしておかないと、住所や名前入りの迷惑メールが来るようになるので、気負付けたい所です。私、2か月放置しただけで結構来ましたからw

たまに、「独自ドメイン1つプレゼント」とキャンペーンをやるレンタルサーバがありますが、きちんと代理公開してくれるのか、確認してから契約してください。

ドメイン名にレンタルサーバーの用意したものが入っているのであれば、独自ドメインではないので、心配ありません。

まとめ

ぶちゃけ「ロリポップ」+「ムームードメイン」でいいと思いますが、個人的好みもありますし、お試し期間などを利用して決めて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする