テーマ変更ついでにサーチコンソールの警告解消

以前に【All In One SEO Pack】というプラグインをやめたと言う記事を書きました。

懸念していたSEO関連は一体どうなったのでしょうか?

サーチコンソールで調べてみた。

久しぶりに覗いたのですが、構造化関係のエラーは無くなっていました。

以前のテーマでほぼ構造化エラーは色々と編集して無くしてはいたのですが、パンくずリストを自作するのが面倒になり、プラグインで済ませていたのですが、このプラグインが構造化エラーを吐き出しまくりだったのです。

「まあ、いいか~」で無視していたのですが、そういった構造化エラーは解消されていました。「おお!流石!!」

別に検索順位に影響がある訳でもないけど、スルーしていたのが解消されていると気持ちがいい!

SEOを余り気にしていないと言いますか、気にするほどでもない物に時間を割くのがもったいなかったので、無視していました。
スポンサーリンク

 インデックスの警告文

【URLの一部でレスポンスの遅延が生じています】【404 ページが見つかりません】

以前からコレも表示されていたのですが、404エラーが以下のように変わっていました。

サイトマップのURLのサンプルをテストいたしましたところ、HTTPステータスエラーが原因で、Googlebotが一部のURLにアクセスできないことがわかりました。有効なURLは、通常どおりすべて登録されます。

あらら・・・

原因は分かっているんです。404ページを作ったのだけども、simplicity2はデフォルトで【nofollow】設定なのでこのように変わったのだろう。

【All In One SEO Pack】でも設定はしていましたが、404ページを作っていなかった。

テーマの変更とともに、いらない記事を削除したので、警告数が・・・

てな訳で、この警告をついでに解消しておこうかと決意しました。

サーチコンソールでのURLの削除は緊急事態以外に使用してはダメです。

サイトマップの更新

私は、【Google XML Sitemaps】というプラグインを使用していますので、それを前提に書きます。

【設定】でXML-Sitemapを開き下の画像に有る部分を押して、自分のサイトマップの一覧を表示させて問題がないかチェックして下さい。

問題がないようなら、サーチコンソールでサイトマップに有る問題の件数の【警告】をクリックしたら、 再送信 と言うボタンがあるので、クリックするとまた画面が表示されて、更新というリンクが表示されるのでそいつをクリックでサイトマップの更新を試みます。

スタイルが変更されている場合が結構有るかと思うので、自力で更新を探して下さい。

多分、しばらくは【保留】になっているはずですが、私は数分で警告数なしになりました。

【URLの一部でレスポンスの遅延が生じています】も無くなっていました、なんでだろう?

私の環境での事です。絶対に問題が直るというわけではありません。

検索順位についてとあとがき

まあ、その時々で多少の変動があるのは当たり前なんですが、テーマ変更前と比べたら0.1ポイント下がっていました。誤差の範囲ですね。

SEOを非常に気にするアフィリ屋でもないんで、問題なしです。

以上の事から【All In One SEO Pack】はこのテーマには大して恩恵はないかと思います。別に入れておいても良いのですが、テーマとの競合するので、しっかりサイトのキーワード、メタなんかがきちんと設定が反映されているか確かめる必要があるかと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク