初めてのWordPress【予備知識】

a-01

ブログを書くのにWordpressを使って始める人がかなり増えてきましたね。

ここでのWordPressはインストール型のものを指します。

このインストール型はレンタルサーバーを借りて運用していくもので、当然レンタルサーバーやドメインの利用料がかかります。(大した額ではありませんが)

それでも基本的に制限がないので、いろいろと自分でしたいとか、広告をどうのこうのしたい人達が利用するわけなんですね。多分w

スポンサーリンク

そもそもWordpressとは何か?

一般的なブログ(無料ブログ)は、サービスプロバイダーを介して書くタイプですが、WordPressはレンタルサーバーにアプリケーションをインストールして、そのサーバーで利用していくタイプのブログです。

簡単に言ってしまえばWordPressとは、自分のサーバーで自由にブログを作れるソフトの事です。

現在のレンタルサーバーの多くは、独自で簡単にインストールを出来るシステムがあるので、導入には困る事は無いでしょう。

インストールは簡単ですが、レンタルサーバーと契約をしなければいけません。

WordPressのメリット

WordPressのメリットを簡単に説明すると、以下の様な事が挙げられると思います。

  1. ほとんどすべての事が、自由に出来る
  2. 無料テーマやプラグインが豊富

1.自分で1から作るのも、テーマ(テンプレート)を利用するも自由ですし、広告も出ない。初めの内はどうしたら良いか分からないかもしれないが、難しくはないです。

2.テーマやプラグインが、膨大にあります。有料のものも有りますが、無料な物で十分間に合います。当ブログもレンタルサーバーとドメイン料金以外は、有料なものは一切使っていません。WordPressの管理画面に無料テーマやプラグインが大量に表示されますので、そこにあるものは公式に認められた無料のもの(機能拡張などで有料あり)なので、安心して使う事が出来ます。

WordPressのデメリット

もちろん、自由と引き換えにデメリットも存在します。

  1. テーマやプラグインの脆弱性を突かれる
  2. 英語表記が多い
  3. サーバーとドメイン料金がかかる

1.テーマやプラグインは自分で作って再配布をすることが出来る事が保証されています。なので、テーマやプラグインのほとんどは、開発者が別に存在します。

公式サイトからのダウンロードしたものであれば、ほとんど問題ありませんが、それ以外や公式のものでも後で発覚する事をあるが、プラグインの脆弱性が発覚したり、そもそも悪意のあるコードが挿入されている事があります。

常にWordPressやプラグインは最新のものに更新しましょう

2.現在では日本語対応のものも多くなってきましたが、まだまだ開発者の多くは外国圏の人達なので、英語表記が多いのが現状です。

しかし、プラグイン等、必要な情報の多くはネットで解説している所が多く存在します。必須プラグインとも言うべきなものは確実に紹介されているので、大した問題はないです。

3.これはしょうがないです。格安レンタルサーバーで問題ありませんが、WordPressには、作動条件があるので、よく調べて契約しましょう。

1つのブログで十分ならば、月額250円~程度からありますので決して高い訳ではありませんがWordPressは若干表示スピードが遅いので、ネットショップやアフィリエイト等を行うにはちょっと辛いかも知れません。

サーバーが用意してくれるドメインがあればそれでもいいですが、無い場合や自由な名前が欲しい場合は独自ドメインが必要になります。独自ドメインは年契約で更新料が必要になりますが、ドメインによりますが、月平均にすると100円ちょっとですので、決して高くはありません。

アクセスが欲しいのであれば、SEO(サーチエンジン最適化)を行う必要がありますが、それには独自ドメインの方が有利に働くことが多いので、私は独自ドメインで運営しています。【SEOの事は別の機会に】

WordPressは結構簡単です。ただ、最低限の知識を持つ事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク